芸術・文化の創造と発信・国際交流拠点

2014

2014年度上演作品

劇団グスタフプロデュース公演vol.106公演
短編シリーズⅡ  小作品二本立て
12月14日(日) 昼13:00/夜18:00 
演出  抱晴彦
出演  渡邉宰希  大力  南風ゆり
スタッフ  
照明  沼澤毅㈱アイテール  舞台監督  中林俊介  
音響・美術  KAKAE組  宣伝美術  A工房
会場:シアターグスタフ
終演後にドリンク等をご用意しました。
今年一年を振り返りながら皆様と語らい、楽しいひと時をお過ごしください。br;表
裏

公演中止のお知らせ

6月26日(木)~29日(金)に公演を予定しておりました
「サロメ」につきまして出演者の都合により急遽公演を中止させて頂くことになりました。

劇団グスタフ・プロデュース公演vol.105
【ビバ!カルボナーラ~京都おばんざい篇】

2013年に上演し大好評だった「ビバ!カルボナーラ」
グスタフだからこそ出来る食す舞台。前作では劇場がイタリアンレストランに大変身。心も体も豊かになる、楽しくおいしい舞台が帰ってくる!第二弾の今回は京都の老舗が舞台。
2014年4月10日(木)~13日(日)   場所 シアターグスタフ

あらすじ
 京都は二条城近に老舗の料亭"柊亭"ののれんが風に揺れている。
しかし、柊亭は向かいにオープンしたイタリアンレストラン店に客を取られ赤字続き。女将の義理の息子は、お笑い芸人を目指し料亭の事は頭にない。親子はいつも喧嘩。とにかく女将は料理長に洋風懐石を考案しようと提案する。
同じとき、東京の"カルボナーラ"のシェフは、和食を勉強しに単身京都へ。だがそこへ、産地偽装食材で一儲け企む芸能事務所社長と代議士がおいしい話を持ち込み、女将はまんまとその話に乗せられてしまう・・・。
柊亭に産地偽造の魔の手が忍びよる!板長や、シェフ、仲居達皆で力を合わせ柊亭を救う事が出来るのか!?
演出:抱晴彦 制作著作㈱グスタフ
出演:渡邉宰希・毛利まこ・中林俊介・南風ゆり・植木広子・神本十兵衛・鈴木結・石井祐也・小川恵梨・宮崎肇・SIe

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional