芸術・文化の創造と発信・国際交流拠点

源氏物語の稽古が始まりました

源氏物語の稽古が始まりました

秋季公演「肝っ玉おっ母とその子供たち」は無事終了いたしました。
ご観劇にお越し下さった皆様、誠にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

劇団グスタフは今、11月のスウェーデン大使館公演「人はみな罪を秘めて」と10月28日に行うエコルマホール主宰公演「朗読劇・源氏物語の五人の女」の2本の稽古が同時に進行しています。

「朗読劇・源氏物語の五人の女」は、7月に渡邉宰希等、京都着物ツアーのご縁より、源氏物語解説の第一人者である林和清氏、京都・嵐山に工房を持つ染織家・奥田裕斎氏、そしてグスタフのコラボレーション企画となりました。

林氏書き下ろしの、源氏物語に登場する5人の女性と光源氏の物語を、琵琶・尺八の演奏を交え朗読劇として上演します。
ビックリマーク

そして、今回は
明石の方に、劇団MIMICOのたむらみみこさん、
藤壺に岩崎有子さんを客演に迎え、
琵琶・尺八演奏者の空華堂天鼓さんという、素晴らしい3名の方々と共演することとなりました。

300 x 200

左より、岩崎さん、空華堂天鼓さん、たむらみみこさん

チケットのお申し込み・お問合せは、エコルマホールでおこなっております。
(TEL 03-3430-4106)
ご観劇料は1000円です。(もみじお菓子付)

残席もあとわずかになっております!

一日だけの夢の共演、ぜひお越しください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional