芸術・文化の創造と発信・国際交流拠点

2017年

2017年公演

プロデュース公演vol.122 [#x2ec022a]

「久遠の空  一瞬(いま)を生きる君へ」

脚本 わたなべ佳英  演出 抱晴彦
 新たに書き下ろしたシーンを追加し「永遠の空」をタイトルも変更して
 群像劇に仕上げた作品。
 九州最南端の基地、知覧から飛び立った特攻隊と女学生の青春を描き、
 命のあり方を観る者に問う反戦作品。
こちらの公演は終了いたしました。ご来場いただきましたお客様に心より御礼申し上げます。
・会場 シアターグスタフ(最寄駅 小田急線 喜多見駅下車)
くおん 表web
【スタッフ】
 脚本 わたなべ佳英      演出 抱晴彦
 照明 郡大輔  西村友香   装置・美術・音響 KAKAE組
 衣装・小道具 劇団グスタフ  
 主催・企画・制作 株式会社グスタフ  


プロデュース公演vol.121

「月まんじゅう 罪人お鶴の微笑」

原作 森鴎外作「高瀬舟」より 脚本 わたなべ佳英  演出 抱晴彦
★本公演は終了致しました。
ご来場いただきましたお客様、心より感謝、御礼申し上げます。
 
江戸の中期の町文化をしっとりと魅せる台詞劇。
 罪人お鶴役に看板女優の渡邉宰希、役人庄兵衛役に看板俳優の高槻純。
 主演二人が魅せる、本格人情時代劇。こうご期待!

月まんじゅうチラシ表web

【 出演 】
  渡邉宰希 高槻純 南風ゆり 朝火勝彦 丹治尚也 桔川結有  阿部聖太朗
  栗原大和 松林麻貴菜 竹内雅人 長沼南帆 夢乃まゆこ 井口りお 
【スタッフ】
 脚本 わたなべ佳英      演出 抱晴彦
 照明 郡大輔  西村友香   装置・美術・音響 KAKAE組
 鬘・床山 山田かつら株式会社 メイク  協力 マキノアーツ&メーキャップ綜合研究所
 衣装・小道具 劇団グスタフ  
 主催・企画・制作 株式会社グスタフ  
      




「あの樹の下で とこしえの花 沖縄に咲きほこれり」
 2017年8月24日~27日

 現代の女子大生が沖縄に旅行に出かける。が興味本位で入った洞窟で地震が起こる。彼女たちが気がつくとそこは昭和20年の沖縄戦の真っただ中だった!沖縄のひめゆり部隊と沖縄戦の熾烈さをリアルに再現。戦争の恐ろしさ、平和の尊さを描く。
・作 わたなべ佳英  演出 抱晴彦
 

「飛鳥に咲く 古より吹く風」
 2017年6月24日~28日
  [#w5571711]

古代飛鳥時代の藤原鎌足と後の天智天皇、天武天皇となる兄弟の確執と二人の母であり、女帝をして君臨した斉明天皇の親子関係を描く古代浪漫物語。
・作 わたなべ佳英  演出 抱晴彦
 

「おいでやすー京都・春編」

・日時 2017年4月28日(金)・29日(土)・30日(日)
・作 わたなべ佳英  演出 抱晴彦 
★食と演劇のコラボ!心と身体が幸せになる作品。
 今回は春の京都が舞台。終演後には嬉しいサプライズが待っている! 

おいで表2017 

あらすじ  舞台は京都・木屋町通に位置する明治創業の老舗料亭「柊亭」。朝早くから仕込みを始める若き板長・鴨下と、板前修業中の武司と満。中居の泉美と万亀子も顔を出す。京都ならではの味覚を持ってやって来る魚屋、農家もやって来て、仕入れの時間になると柊亭は大賑わい。
しかし近頃、料亭の女将と義理の娘・千鶴の喧嘩の声が絶えない。千鶴は友人の愛と共に、歌手を夢見てレッスンに通う。そんなある日、千鶴が世話になっている事務所社長の松野と、代議士からおいしい話を持ちかけられる。が、その話はあまりにも出来過ぎていて・・さて柊亭の運命はいかに!

「夢幻能劇ー野望の時代(とき)Ⅱ-」
2017年2月25日(土)・26日(日)

・本公演は終了いたしました。
ご来場頂きましたお客様に心より御礼申し上げます。

原作 わたなべ佳英 脚本・演出・殺陣 抱晴彦
  会場  梅若能楽院会館(最寄駅 東中野駅)
★時代劇と能楽の融合劇。
大河ドラマさながらの迫力と興奮。ご期待ください!


夢幻表web用

 出演  能楽師 松木千俊 観世流(重要無形文化財保持者)
         松木千俊氏プロフィール(松の会HP)
     白石奈緒美 磯村みどり
     渡邉宰希  さとう龍二 森川勝太 高槻純 鎌田秀勝 椎名桂子 佐藤もとき
     南風ゆり 石井仁美 朝火勝彦 朝日玲菜 丹治尚也 桔川結有 井央倫
     大竹彩音 松木翔矢 エジャートン・イアン 阿部聖太朗 栗原大和  他
 演奏  大由鬼山(尺八奏者 )

・あらすじ
 天正十年(1582年)3月に、甲州の武田家を討ち滅ぼした織田信長、徳川家康連合軍。
 甲州征伐を成し遂げ、残る中国の毛利攻めの総大将に羽柴秀吉を任命し向かわせた。
 天下人として名を轟かせた織田信長は、安土城に徳川家康を招き明智光秀に接待係を
 命じ、城下に建立した摠見寺で戦勝祝の能を開いた。更に信長はそこに農民も招き
 天下人としての威厳を示したのだった。能は「羽衣」。信長の正室安土の方様、家康
 側室お梶の様も一緒に優雅な舞や謡いを楽しみ、祝宴を開こうとしたその時、突如と
 して武田の残党が亡き主君の無念を晴らす為、信長達に襲いかかるのだった・・・。
 ##
 ・開演時間

   2/25()2/26()
13:00  ー  ●
17:30  ー  ■
18:00  ★  ー

夢幻能裏2017











夢幻能裏web

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional