インフォメーション

INFORMATIONインフォメーション

おいでやす3 
2019/07/25
公演実績

※本公演は終了致しました。
人間の三大欲の一つである「食」について改めて考え、更に”心と身体を元気にする“涙あり、笑いありの人情劇
演劇は、心を豊かにする総合芸術。そこに身体も満足させる”食“を融合させ、食に関する意識を高め、演劇というライブでしか味わえない楽しさ、醍醐味と同時に味わう事で、心と身体を元気にする舞台。

【会場】シアターグスタフ  

【日程】2019年12月20日(金)~22日(日)

劇団創立25周年記念公演「天守物語」
2019/10/27
公演実績

本公演は終了致しました。
創立25周年を迎えたグスタフが、新たな境地を切り開く作品として天守物語を上演します。又、本年は明治、大正時代の文豪、泉鏡花の没後80年になります。天守物語は、姫路城天守閣に繰り広げられる妖怪と人間のドラマ。繊細で、深く鋭い感性で描かれた世界、本来ならばドロドロとしがちなものを、美しい日本語と流麗な文章で描くことで究極の美に昇華させた、泉鏡花独自の美意識が満ちあふれる怪異と幻想世界の舞台を、グスタフならではの世界観で描きます。

乞うご期待!

「あの樹の下で」沖縄にとこしえの花咲き誇れり
2019/09/01
公演実績

※本公演は終了致しました。
第二次世界大戦時、ひめゆり学徒隊として戦場を懸命に生きた少女たちの物語第二次世界大戦時、民間人を巻き込み唯一の地上戦が繰り広げられた沖縄戦に焦点をあて、戦争とは、命とは、生きる事の意味を問う。
あの樹の下で 沖縄にとこしえの花咲き誇れり

作 わたなべ佳英
演出 抱晴彦

戦後生まれの私たちに出来る事は、過去を見つめ、真実、事実を伝え、そして平和への想いを次の世代に、世界に広め、引き継ぐことだと考えます。ひめゆり部隊を描く今回は、命の尊さ、日々の何気ない暮らしがあるのは、平和であることが前提という事を、演劇を通して考え、感じ、体感してもらう事を一番に考えています。

【会場】 シアターグスタフ
【公演日程】 2018年8月30日(木)~9月1日(日) 

「RAKUGO芝居」落語は楽娯! 
2019/06/02
公演実績
※本公演は終了致しました。
劇団グスタフ創立25周年記念企画。

令和元年初上演作品となるのは、江戸時代に庶民生活の中から生まれた娯楽であり、伝統芸能でもある“落語”を舞台化。中でも江戸庶民を描いた古典落語作品3編を、オムニバスで上演。
RAKUGO芝居 落語は楽娯!

原作 古典落語より
脚色 わたなべ佳英
演出 抱晴彦

落語をそのまま演ずるのではなく、当時の庶民生活をリアルに垣間見せながら、その中で暮す人々の悲喜交々を芝居で見せることで、落語の世界観や面白さを存分に堪能できる作品になっている。
しめこみ・三軒長屋・唐茄子屋政談  3作品
夢幻能劇第4回「明智光秀 我ここにあり」
2019/03/24
公演実績

※本公演は終了致しました。
夢幻能劇第4回「明智光秀 我ここにあり」

作 わたなべ佳英 演出・殺陣 抱晴彦

初演から第3回までは織田信長に焦点をあてたが、今回は信長が最も信頼を寄せていた家臣、明智光秀に焦点をあて、陰謀渦巻く戦国の世の真相と明智の人間像に迫る。戦国時代、天下を揺るがした本能寺の変。明智と信長、二人の武将がなぜ袂を分かつことになってしまったのか。一つの時代に終止符を打ち、豊臣政権、徳川幕府へと繋がる動機をつくり、時代を大きく動かした明智光秀。そこに至る明智の野望、心の真実、歴史の真相と闇に迫る戦国ドラマ。

【日程】2018年3月22日~24日
【会場】梅若能楽学院会館

「KAZANE 風音」
2018/10/31
公演実績

忍び衆の真の姿を描く、戦国忍者時代劇。
KAZANEー風音ー


日程 2018年10月26日~28日

作 わたなべ佳英
演出・殺陣 抱晴彦

会場 シアターグスタフ 

19_320x240
2018年 一瞬(いま)を生きる君へ 知覧からの手紙
2018/08/31
公演実績
※本公演は終了致しました。
劇団グスタフプロデュース公演 vol152
一瞬(いま)を生きる君へ 知覧からの手紙

第二次世界大戦末期の鹿児島、知覧にある航空基地。

そこで特攻隊として出撃を待つ隊員達と、地元民、世話をする女学生達との出会いと別れを描く。群像劇。

日程 2018年8月23日~26日  会場 シアターグスタフ
2018年夢幻能劇第3回「夢の淵」
2019/07/25
公演実績
2018年夢幻能劇第3回
夢の淵 
一度生を得て滅せぬもののあるべきか

脚本 わたなべ佳英
演出・殺陣 抱晴彦
会場 梅若能楽学院会館

2018年3月17日(土)、18日(日)
11_320x240
公演実績5
2019/07/25
公演実績
1994年~2017年までの
過去の上演作品については、順次掲載予定です。
手洗い場
コロナに負けない・・・!
2020/10/23
ブログ
演劇を諦めない。

2020年も既に、10月半ばとなりました。
劇団グスタフも年内の予定を大幅に変更せざるを得ず、当初4月と7月予定の公演を3ヶ月後に延期。
が、自前の専用劇場兼スタジオを持っていた為、営業自粛や人数制限、閉鎖等で公民館や各スタジオが稽古場として使えないという話を聞く中、自粛解除後直に、コロナ対策を行い多くの制限ある中稽古が出来たのは奇跡的だった。

又、7月公演を行うにあたり、自粛中に先ず手洗い場を新たに設置。
稽古中は勿論、本番当日は出演者、スタッフ、ご来場のお客様全員に手洗い、手指の消毒、検温、個人情報の提供、マスクの着用、(本番中は出演者のみマスクを外す)、靴裏の消毒等、徹底してやれる限りの対策を行った。
また、観客席を半数以下に減らしての観劇、徹底して換気を行うなどして上演。
1人の感染者も、クラスターも出さずに無事終えられた。
文句一つ言わずお客さま皆さんが積極的に協力していただけた事に、この場を借りて深く感謝、御礼申し上げます。
終演後、お客様の拍手の音がいつも以上に特別な響きに聞こえた。
10月の能楽堂公演は更に慎重にオーディションから、稽古、本番と行った。
本番3日間に戦後最大の台風が関東直撃という予報。公演が危ぶまれたが皆の願いが天に通じたのか、台風は信じられない曲がり方をして急激に進路を変え、初日、中日は通常の雨模様ではあったが、最終日は暖かな陽がさした。そして無事終演。
ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!
1 2 3 4 5